MakeMusic
SmartMusic Finale Garritan MusicXML

デジタル楽譜を共有するためのオー

MusicXMLの詳細について

Dolet® 7 Plugin for Finale

最も高い正確性を実現するMusicXML 3.1ファイルを読み書きできます。

詳細情報へダウンロー

Dolet® 6 Plugin for
Sibelius 5.1 以降

Sibelius 5.1以降で作成されたデータをMusicXML 3.0ファイルとして保存し、Finaleで開けるようにします。

詳細情報へダウンロー

Dolet® 1 Plugin for
Sibelius 2.1-5.0

Sibelius 2.1から5.0のバージョンで作成されたデータをMusicXML 1.0ファイルとして保存し、Finaleで開けるようにします。

ダウンロー

MusicXMLとは


インターネット上でインタラクティブな楽譜データをやりとりするには?

異なる楽譜作成ソフトのユーザーと共同作業するには?

MusicXMLがこれらを可能にします。

MusicXMLは、アプリケーション間でデータを共有したり、将来への資産としてデータをアーカイブするためにデザインされました。MusicXMLファイルは、Finaleを始めとして現在(そして将来)の数多くのアプリケーションで開くことができ、それらのアプリケーションの純正のファイル形式に変換して使用することが可能になります。

MP3ファイルが音楽データ共有の代名詞となったように、MusicXMLは楽譜データ共有のスタンダードとなりました。MusicXMLにより、特定のアプリケーションで作成されたデータは、他の製品を使用しているユーザーと相互にやり取りできるようになります。現在では230以上のアプリケーションがMusicXMLをサポートしています。

ぜひ、作成したデータをMusicXMLファイルへ保存して多くの方と共有してください。

 

最新ニュース

Finale v26 MusicXML Updates
Oct 10, 2018
Today MakeMusic released Finale v26 and an updated Dolet 7.2 for Finale plug-in. Besides supporting the new features in Finale v26, there are…
Continue Reading

MusicXML 3.1 W3C Community Group Report
Dec 18, 2017
Last week the W3C Music Notation Community Group published MusicXML Version 3.1 as a W3C Community Group Final Report.  This…
Continue Reading